福岡にある医学部予備校、PMDとは

医学部を目指す場合に、乗り越えなければならない壁

医学部を目指す場合に、乗り越えなければならない壁が筆記試験や小論文、面接です。
これは国立大学医学部の場合ですが、私立大学になると筆記試験に力を入れる必要があります。
多くの科目を勉強し、面接対策も行わなければならない医学部受験に対し、独学で立ち向かう人も少なくありません。
しかし、医学部予備校に通い専門の講師の指導やアドバイスを得て立ち向かっていくという人の方が多いと言われています。
日本全国、各地に医学部予備校がありますがここでは福岡市で運営されている医学部専門予備校PMDを紹介していきます。
PMDでは、実践的な問題を解けるようになるための指導はもちろんのこと、基礎固めをしっかりと行っているところに特徴があります。
これを前提として、授業を行っているのですが、1クラス5名程度の編成が特徴です。
大人数の授業であれば、仮に一人が分からなくても全体のペースに合わせて授業が進められてしまうため、分からないところが分からないままになってしまう可能性が高くなります。
しかし、少人数制であれば一人ひとりの進度に沿って授業を進めることができますし、講師が生徒の特徴を把握しながら授業ができるというメリットがあるのです。
また、少人数であれば生徒からの質問に細かく答えることができますし、決して一方通行の学習にはならず双方向の授業ができるというメリットもあります。
とにかく少人数クラスであれば、一人ひとりに細かく目を配れるため多くのメリットがあると言えます。
PMDの特徴はこれだけではありません。
生徒の生活リズムが崩れないように、月曜日から金曜日まで授業が行われている点も特徴として挙げられます。
単位制のように自分の必要な時にだけ予備校に通うのでは、勉強に身が入らないという場合もありますしそわそわして落ち着かないというケースも少なくありません。

福岡の医学部専門予備校「新生学寮」で夏の化学実験が行われました http://t.co/vpzFWN2SHe

— 創医塾京都 (@Souijuku_Kyoto) 2014年7月27日

医学部を目指す場合に、乗り越えなければならない壁 : PMDに通うことで、安心感が生まれるとも言われています : 医学部受験に特化したスタッフが揃っている